ファミコンゲームを復活させたい

成績表が暗黒面なやっすーです。

以前てくランナーを作った記事を上げましたが,またゲームを制作中です。今回のゲームも同じようにファミコンゲームをオマージュしたゲームとなっています。

割と見覚えのある画像だとは思います。

爆弾を置いてレンガを壊しつつ相手プレイヤーを爆風で倒すゲームです。レンガを壊すと爆風の範囲が広がったり,爆弾を置ける数が増えたりなどのパワーアップアイテムが手に入ることがあります。

今回のゲーム制作において気を付けている点はあたり判定です。前作のてくランナーはあたり判定の勉強がおろそかだったために操作性の悪いゲームとなっていました。このゲームでも同様に壁や相手プレイヤーにめり込むなどの多くのバグがあり,その大元の原因があたり判定でした。

↑あたり判定をプレイヤーの居るマスすべてにした。後で見た時わかりやすく,座標を設定したときにキリのいい数字になりやすい。

↑あたり判定をプレイヤーの周囲だけにした場合,後で見てもわかりにくい。

また,今回のゲームは2人でやる対戦型のゲームとなっています。まだ未完成ですが形になったら公開しようと思います。

 

稚拙な文でしたが読んでいただきありがとうございました。次回以降のAdventCalenderはもっと面白いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。