じゅりあんがコンフェスに出す作品

じゅりあんです。

この記事は今週末にコンフェスに出す予定の作品を紹介する記事です。

僕は2つの作品で応募しました。

じゅりあんのさくひん集

今年はたくさんの動画を作ったのでそれを総まとめで流したいと考えています。一応展示予定の作品名とかその作品の詳細について。

わかる!情報工学科

vlcsnap-2014-03-05-14h22m26s135
津山高専のオープンキャンパスで情報工学科を見学に来た中学生に,情報工学科の日常を説明するビデオとして製作したものです。例の「カントク」と一緒に作った作品です。

この動画は1本が7分と長いので,当日はちょっとだけ短くしたディレクターズ・カット版を展示する予定です。

ちなみにこれをYouTubeにアップロードしたらOP・EDに使用している曲の著作権の問題でミュートにさせられました。なので本校の学生以外には初公開になるのではないかと思います。

高専病でも恋がしたい!

高専病でも恋がしたい!

既にニコニコにアップロードされているやつです。初公開というわけではないですが受けが良さそうなので展示します。

まぁお察しの通りあの目に悪いOPのパロティです。

しすけんらじお 勝手にプログラミングコンテスト禁断の答え合わせ回スペシャル(体験版)

勝手にプログラミングコンテスト

しすけんらじおの方で3月20日に公開する予定のビデオである「勝手にプログラミングコンテスト」の答え合わせ回の動画を一部だけ展示します。

バーチャルキャンパス!エクスタシー

これもニコニコにアップロードされているやつです。出落ち感満載。

鯖室にある高級備品の有効活用方法を考える会

高級備品

あらすじ

2013年9月。津山工業高等専門学校情報工学科棟4階「端末サーバ室」に突如高級機器達が現れた。
そこを根城にしていたシステム研究部の部員たちは「こんな機器がタダで使えるのか!」と歓喜した。
だがそう思ったのもつかの間。
それらの機器の多くは専門性が必要だったため,殆ど使われることなく放置されてしまったのだ。
そして月日は経過し,部員たちには置物のように扱われるようになってしまった。
しかしある日その光景を見た部員の一人が言った。
「このままでは高級備品たちが可哀想だ!」
システム研究部員の部員,いや一人の男としてこの備品たちを立派に使いこなせてみせてやる!

部室にいろいろはいっためっちゃ高級な備品の有効活用方法を考えた末に生まれた動画です。

この動画はなんと3Dで展示予定です!当日は3Dメガネの準備を!(シス研からも持っていきます)

というわけで簡単ですが僕の展示作品の紹介でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。