UNION

こんばんは、 sejiです
グラビティーゲームをコンフェスに出すんですが、すでに記事にしてたので、LT大会でやったUNIONについて紹介しようと思います。

UNION ~敵を味方にしていくゲーム~

  • 最大4体まで仲間にできる
  • 敵は3種類でそれぞれ変わった攻撃をしてくる
  • 仲間にした敵も個性的な技を持っている

勉強がてらに作ったのでリリース版を出す予定はありません

LTで作品紹介をしたので、どういう風に作っていったのかーっていうのを紹介します

設計
まず、最初にどういうものを作りたいか?から入りました。
今回は普通のシューティングを作っても面白くないと思い、変則的な感じにしました。
実装する機能が決まったら、今度は具体化していきます。
クラスは大きく分けるとPlayer, Enemy, Bulletという感じに分けました。
PlayerManager, EnemyManager, BulletManagerとかほかにもクラスを分けました。
継承とかをうまく使った感じがします。

コーティング
ぶっちゃけ設計吹っ飛ばしていきなりコーディングしてたんですが(そのはめで設計しなおした)、クラスをだらだらと書いていきました。継承とかだんだん増えていって、最終できにはわかりずらくなってしまったかなって思いました。
でも、以前まで書いていたコードと比べれば一目瞭然って感じです!多少は成長したのでその辺はご愛敬。
言語はC++11を使ってごにょごにょしてたんですが、アドレスをうまく扱えてなくてバグりまくってました!
初期化してなかったり・・・。デバッガには出てたけど、よくわからなかった。

デバグ
デバグもコーディングと並行してやっていたんですが、丸1日つぎ込んだりしていました。
怪しいところを手当たり次第って感じですね、途中で精神的に力尽きてました。
実行中に落ちてるところを見つければ、しめたもんですね!
直して喜んでたら、さらにほかにあったー!みたいなくだりを一人でしてました。
アドレスとか扱ってると下手をすると泥沼にはまりますので気を付けましょう。はい

テスト
ここまで来れば実質完成したも同然でした。長い道のり~
後は弾数を調節したり、HP変えたりー適当にいろいろ楽しんでました

 

作り終えて
最初に実装しようと思ったものが実装できたよかったんじゃないかなっと。
クラスとか学べたので、この経験を生かしていければなっと。
単純にきつかったけど楽しかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。