弥生祭でデバッグしていました

はじめまして。情報工学科1年のるっちです。よろしくお願いします。

ブログを書くのは初めてで少し緊張してます・・・。

 

今回は、11/2~3に開催された弥生祭でやったことや感想について書きます。

この後稚拙な文章が続きますが、それでも大丈夫な方は「続きを読む」をクリックしてください。

 

弥生祭では、食事以外の時間は主にシス研の展示にいました。

シス研では、11/3午後の受付、ゲームのテストプレイという名のデバッグ、そしてハイスコア(場合によっては理論上最大値)を出していきました

たとえば、すべての敵を殲滅したり、右移動をやめることなくゴールにたどり着いたり・・・

 

・・・正直遊びすぎました。すみません。やめる気はありませんが・・・。

先輩や同級生からは「プログラマー殺し」「もうやめてくれ」など言われました。当然ですね。

ただ、もしスタッフ記録のハイスコアの更新で景品が出るようになったら、そのときは費用を浮かすために一生懸命頑張ります。

 

いろいろありましたが、非常に楽しかったです。  ・・・ゲームは作れませんでしたが。

(ちなみにゲームの進捗は、十字キーで棒人間が動くだけでした。)

今回の件でわかったことは、自分はプログラミングよりデバッグのほうが向いているということです。

ゲームをデバッグしてほしい方は、是非是非お気軽にゲームを押し付けてください。

多分喜んでデバッグします。

 

以上です。薄っぺらい内容を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。